コミック・漫画を読むなら印刷それとも電子書籍

手書きパッドでさらに便利に

手書きパッドでさらに便利に

情報を入力できる電子辞書が販売されています。最近の機種では、ただ情報を伝えるだけではなくなってきました。入力もできるようになりました。

 

「調べる」、「覚える」が手書きでもっと身近になった「手書きパッド」を搭載したモデルが登場しています。これをどのように使うかというと、読み方がわからない漢字などがあった場合です。

 

今までの辞書だと、部位の名称からその漢字を探したり、画数などを数えて1つ1つ漢字を探していました。しかし、この手書きパッドの搭載によりその読み方のわからない漢字を直接電子辞書に書いて調ベることが可能になったのです。

 

アルファベットも読み取りますの、英語も対応しています。さらに、このタイプのモデルを搭載した電子辞書は、英単語も漢字も書いて覚えられるように、書き取りテストができるものもあります。このようにより実際的に進化していっているのです。

 

語学学習の助っ人、電子辞書

 

語学学習者のためにある電子辞書も販売されています。この電子辞書の特徴としては、普通の辞書としての役割はもちろんのこと、音声による単語や会話の読み上げを行う機能が付いた製品があります。

 

語学学習において耳から伝わる情報というのは非常に大事です。赤ちゃんは耳から得た情報によって語学を学習していきます。つまり、この耳から取り入れる情報による学習スタイルは基本中の基本なのです。

 

このような音声データを聞くことによって、学習している言語の“耳”を作ることができます。

 

耳が作られると、会話を真似していえるようになります。それこそが言語の習得につながるのです。このようなタイプの電子辞書はネイティブスピーカーによる正確な発音を収録するなど工夫されています。本体にはスピーカーやヘッドホンが装備されていますので、いつでもどこでも学習ができるようになっています。